講師紹介

太田 和麻

【ピアノ講師】
大阪本校ゴスペルレギュラーコース
大阪本校マンツーマンピアノコース
幼少の頃より音楽とピアノに親しむが、思春期の頃気がついたら勝手にジャズを弾いていた。以来ピアノと戯れ、大人の階段を踏み外す。以後、さまざまな出会いを経て、現在音楽人。
2001年横濱ジャズプロムナードコンペティション部門にて、バンドで洗足学園賞、個人で横浜エアジン賞を受賞。ブラジル・ミナスジェライス州で行われた国際合唱祭に2回参加。その他にっぽん丸のクルーズや岡崎ジャズストリートなどでも演奏。
大阪では10年以上ゴスペル伴奏者として日々活動、その技術と音楽性がアメリカ人指導者やアーティスト達からも高く評価されている。ジャズをベースにブラジル音楽やゴスペルに根ざした、繊細さとダイナミズム、リリシズムとユーモアを兼ね備えたスタイルで、あらゆるセッティングに対応する。これまでにジャズに始まり、ロック、ポップス、懐かしのフォークからスカバンド、ボサノヴァなど、多肢にわたるバンド、ミュージシャンをサポートし、ジャンルにこだわらない活動を展開。またサックス奏者 栗田洋輔とのデュオワークは3年越しに及び、フォーマットにとらわれない自由な会話でジャズ的な時間を追及する。



《太田講師よりメッセージ》
まずは「こんな音を鳴らしてみたい」という思い(=イメージ)を持ってください。それをより明確に、より楽に、より多彩に表現できるようになるために、技術の訓練が役に立ちます。一番大切なのは「どんなときも楽しむ」こと!
ページ
トップへ