講師紹介

ダヴィーナ・ロビンソン

【ヴォーカル講師】
大阪本校マンツーマンヴォーカルコース
大阪を拠点に「パワフルで熱いロック&ブルーズ」を聞かせる女性、ダヴィーナ・ロビンソンは、そのパワフルでブルージーな声と、熱いライブパフォーマンスで知られる、アメリカ人シンガーソングライター。ロック、ブルースを基本に、多彩なジャンルで才能を発揮し、カバーバンドやアコースティック・デュオでのライブ活動、クラブやパーティ、イベントなどでの演奏を行う。複数のラジオ番組にも出演し、オリジナル曲を披露。また、レイ・パーカーJr.、シェリル・リン等の関西公演にバックアップヴォーカルとして参加した実績もある。オリジナル楽曲に注力するようになり、2008年5月にファースト・ミニアルバム「ザ・ブレイジング・ハート」をリリース。ロック、ブルースにファンクなテイストを交えたスタイルで熱い楽曲を聞かせるアプローチは、”パワーハウス・ロックンロール・ソウル”と呼ばれている。アルバム収録曲の「Making Love To Your Girlfriend」はビルボードソングコンテスト、VH-1ソングオブザイヤーコンテストなどで、数々の賞を受賞。アルバムリリースにあわせて、ロサンゼルス地区のライブハウスを回るアコースティックツアーも行った。2010年5月、配信版シングル「Osaka Boys」をリリース、2011年11月には「Osaka Boys」を含むフルアルバム「Black Rock Warrior Queen」が発売になる。「Osaka Boys」はすばらしいサポートミュージシャンとともにハードロックカフェ大阪をはじめ各地でのライブでも人気曲となり、大阪の街を舞台にしたミュージックビデオも制作された。さらにアルバムリリース直後からは、東京、横浜など関東方面でもライブを実施、毎回多くの聴衆を集めている。また、ライブ活動に加えて、大阪のラジオ局FM802の番組ジングル、ミスタードーナッツCM、ナレーションなどにも声が起用され、2012年にはKINCHOのテレビCMに本人が出演、センター役に抜擢されパワフルな声を披露、さらにABCテレビ「おはよう朝日」等にも出演するなど、活動の幅を広げた。音楽面でも2012年秋「ハイラム・ブロック・アワード」受賞、2013年春、世界中のハードロックカフェで開催されるコンテスト「ハードロックライジング」にて12,000組以上の中からTOP 96バンドに勝ち残り、大阪店代表となり、2013年秋、関西ミュージックカンファレンスの「最優秀バンド賞」等、日本のインディーズシーンでロックするアメリカ人女性として、新たなレベルへ向かっている。



《Davina講師よりメッセージ》
『楽しくまじめ』というポリシーです^^初心者の方、英語の発音のチェックだけの方まで大丈夫です。気楽に一緒にはじめましょう!
ページ
トップへ