クワイア出演依頼

Soul Bird Choirとは

Soul Bird ChoirはSoul Bird MUSIC SCHOOLを母体としたゴスペルクワイアで、現在も全体で500人を超えるメンバーが在籍しています。
2008年、スポーツニッポン新聞社主催のゴスペルアワードエキスパート部門を2年連続で優秀賞受賞
2014年ゴスペル甲子園クワイア部門優勝などの受賞歴を持ち、
2006年、映画「天使にラブソングを」のモデル校となっているロサンゼルス市、サウスウエストカレッジにてロサンゼルスの7大学のクワイアと合同交流コンサートを開催、
2007年にはグラミーショーアーティスト「カート・カー」を招いてのゴスペルコンサート開催、
2010年には大阪城ホール一万人の第九で平原綾香のバックゴスペルクワイアにてステージに参加、その他ディズニーや商業施設、各地のゴスペル祭等、全国で様々なイベントに出演しています。

オーケストラとアーティストの共演など新しいことにも挑戦しながら、Jay’ed、土屋アンナなどのアーティストライブにもバックコーラス出演しゴスペルを広めるべく精力的に活動の幅を広げています。

ページ
トップへ